準グランプリ 賞金20万円+印刷通販ポイント5万円分

「写真に残したい人がいる」(DM)

何気ない女性の写真にウェディングドレス型のフレームを重ね、「結婚」や「写真に残す」ことへの気づきを与えています。結婚写真を撮影する会社のDM。

拡大する

審査員コメント

  • 倉林:結婚を意識する人なら、写真をこのフレームに挟んでみたくなるはず。読み手の行動を促せるDMは効果が高く、手元に残すことにも繋がる。
  • 中澤:ウェディングドレス姿を写真に残してほしいという企業の想いが伝わる。既婚者で写真を撮らなかった人にも響くのでは。

受賞者 スタジオゼロ デザイナー 岡本拓真

Designer's Voice

今回の受賞、身に余る光栄で、大変嬉しく思っています。今後の制作をする上での大きな励みになりました。
女性がターゲットというウェディング広告の常識を破り、男性の心に届くDMができないかと考えました。何気ない日常風景の写真に、ドレスのフレームを被せることで結婚するということ、そして写真に残すということへの「気づき」を与えられるような仕掛けを作りました。
当社ではデザイナーが自分1人しかいないので、「本当にこれで良いのか?」という自問自答を、できるだけ厳しくするよう心がけています。