総括 第一回グラフィック 販促デザイン大賞 募集期間2012年6月1日〜8月10日

本年初めての開催となった「グラフィック 販促デザイン大賞」。
創造性・戦略性に優れたデザインの販促印刷物を広く公募するコンテストとして、日頃から販促物のデザイン制作に携わる皆様の腕試しの機会にしていただきたいという想いで募集を開始しました。
そして2012年6月1日から8月10日までの募集期間中に、総数448点もの応募作品をお寄せいただきました。

応募作品の中には、表現力に優れた販促ツールはもちろん、企業色・地域色あふれるツールやイベントとの連動を狙ったユニークなツールなどもあり、「デザイン」だけにとどまらない、皆様の多彩なお仕事の様子が間近に想像できるものが多数ありました。
 審査の基準は、ただきれいにデザインされた印刷物ではなく、「人の気持ちにスイッチを入れることができる印刷物」であること。業界の第一線で活躍する審査員が作品を吟味し、記念すべき第1回のグランプリと各賞を決定しました。デザイン性だけを競うコンテストとは異なる、「販促デザイン大賞」ならではの個性的な作品が選ばれたのではないかと思います。

私たちにとってこのコンテストは、現在のさまざまな販促手法の中において、印刷物の果たす役割の大切さやツールとしての面白さ、また奥の深さを再認識する機会となりました。そして今後もデザイナーの皆様とともに、「販促デザイン」のヒントがあふれるようなコンテストを目指してまいります。 最後に、初めての「販促デザイン大賞」を、力作によって盛り立ててくださった全国のデザイナーの皆様に、あらためましてお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。

結果発表ページへ